化粧品、虚偽広告への取締りを強化

  • 上記文書はこれまでに発表された
    <化粧品標識管理規定(化妆品标识管理规定)>、
    <化粧品命名規定(化妆品命名规定)>、
    <化粧品命名指南(化妆品命名指南)>等、不適切な語彙を化粧品のPR活動に使用できないと強調し、10の例を挙げている。

1.絶対的な(極端な)意味を持つ表現

  • 速效( 「即効」、すぐに効果が現れることを強調)
  • 超强(「極めて強力な」、効果が大きいことを強調)
  • 特级(「エクストラ」、化粧品の効果が抜群であることを強調)
  • 去除皱纹(「シワの除去」、シワを完全に除去できるというような表現で使用)
    その他、 全方位、换肤 等のキーワードが文書で例示として述べられている。

2.虚偽の意味を持つ語彙

  • 天然由来の成分が化粧品成分の一部である場合、「純天然(100%天然)」は虚偽の意味を持つ表現に当たる。

3.誇張の意味を持つ語彙

  • 「专业(専門)」は「专业店(専門店)」でのみ使用を許可。
  • カラーリング剤、ネイルカラー等、専門的な資格を持っている者が使用する商品ではない場合→誇張の意味を持つ表現に当たる。
図2. Club Clioフラッグシップストアで販売されているアイシャドーには「专业眼影 (専門アイシャドー)」という表現を使用している。 
資料|メジャーチャイナ

4.医薬用語

  • 治療効果を直接/間接的に意味する表現:处方(処方)、药用(薬用)、治疗(治療)、解毒(解毒)、抗敏(anti-sensitivity)、除菌(除菌)、无斑(シミの除去)、祛疤(傷跡の除去)、生发(育毛)、溶脂(脂肪溶解)、瘦身(ダイエット)の他各種皮膚疾患名

5.医師名

  • 扁鹊(扁鵲、春秋戦国時代の名医)
  • 华佗(華佗、中国後漢末期の名医)
  • 张仲景(張中景、中国後漢時代の医学者)
  • 李时珍(李時珍、中国名代の医学者)

6.既に許可済みの薬品名

  • 肤螨灵霜(他ブランドでの使用を禁止)

7.商品の特性と結びつかず、理解しづらい表現

  • 解码((暗号の)解読), 数码(デジタル), 智能(スマート/人工知能), 红外线(赤外線)
図3.PROYA, CHANDO等のブランドがサンケア商品名に「智能防晒(スマートサンブロック)」というキーワードを使用していたが、現在はそのキーワードを削除している。 
資料|メジャーチャイナ

8.低俗な語

  • 裸体を意味する「裸」は使用できない。素肌(裸妆)の意味では使用可能。

9.迷信的な意味のある語

  • 「鬼、妖精、(八)卦、邪、魂」等、迷信的な意味の語を使用することはできない。

10.指定範囲を超えているような表現

  • 「特殊用途化粧品(特殊用途化妆品)」を用いた広告は <化粧品衛生監督条例(化妆品卫生监督条例)> に違反する内容を扱ってはいけず、<非特殊用途化粧品(非特殊用途化妆品)>は特殊用途化粧品の効能をPRしてはいけない。
  • 該当の文書は一例に過ぎない。さらに明確な基準は
    <化粧品標識管理規定(化妆品标识管理规定)>、
    <化粧品命名規定(化妆品命名规定)>、
    <化粧品命名指南(化妆品命名指南)>を参考にしていただきたい。
  • 2019年11月末、ロレアルは虚偽広告を使用したことで約20万元の罰金を支払ったが、その際の判定基準も上記3例の公式文書をもとにしていた。 南城都市報(中国メディア)による弁護士へのインタビューによると消費者は、直接虚偽の広告に対して、担当機関に届け出ることができ、虚偽広告を出した側は中国広告法によって広告費用の3倍以上5倍以下、または20万元以上、100万元以下の罰金が科せられる可能性がある。
  • 中国当局による虚偽広告への取り締まりは、これからも厳しくなる見込みである。
    特定表現の使用規制は企業のマーケティング活動に直結するものでもあるだけに、中国国内での広告掲載の際は、各種の政策や規定を事前に確かめておく必要がある。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。