中国化粧品市場の年末限定版発売戦略

企業の年末戦略

  • 年の瀬が近づくにつれ、ブランド別に限定版、ホリーデーシーズン商品等、多様な商品を発売、PR活動を開始。
  • 化粧品ブランドは年末になると、限定版を発売し、消費者の購買欲をそそる。これは希少価値のある商品の数量を限定販売することによって購買者に自社の商品を所有したことへの満足感を最大化させるための戦略である。
  • メジャーチャイナのデータで「限定版」キーワードによるエンゲージメントの推移を見ると、年末年始にトラフィックが大きく増加したことがわかる。年初はお正月、年末は「独身の日(W11)」およびクリスマスがあり、限定版発売が集中する。
  • 11月1日から15日までの「限定版」キーワードの1日平均のエンゲージメントは、約9、900余件。1〜2月にエンゲージメントが高くなり、2019年10月に年末、独身の日イベントの効果で限定版へのコミュニケーションが活発に行われていることが確認できる。
表1:「限定版」キーワードでのRED(小紅書)投稿月間エンゲージメント|資料:メジャーチャイナ
表2:「限定版」キーワードのブランドランキング|資料:メジャーチャイナ

限定版商品の特徴

  • 「限定版」キーワードのブランドランキングでわかる年末限定版商品の特徴は以下のとおりである:
  • 1) とりわけ海外高級ブランドが限定版発売およびPRに積極的:SK-II, YSL, Maybelline等海外ブランドが上位を占めている。TOP10ブランドの中、ZEESEAを除くと全てが海外ブランドであり、中・高価格以上の高級ブランドが多数である。
  • 2) カラーコスメ中心:商品カテゴリーでSK-IIを除いた9点のブランドが口紅およびカラーメイクを中心に売上げを伸ばしている。海外ブランドは従来の口紅ケースのカラーやデザインを変えた限定版を発売した。
  • 3) 干支の限定版を発売:中国では毎年干支をモチーフにした限定版を発売する。 Sephora等の海外ブランドも年毎干支のデザインを入れたパッケージを公開し、年末年始にその需要が高まる。
  • 2020年、幸運をもたらすといわれる「ねずみ年」を迎え、多くの化粧品ブランドが限定版を発売すると予想される。来年はどのブランドが新年の限定版を発売し、どのような成果を挙げるかが年末年始化粧品市場の要注目ポイントになりそうだ。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。